暴れ川「鬼怒川」(2)-100年単位の変遷

鬼怒川の流路変更は、大きく分けて以下の5つがある。

①今の桜川の辺りを流れ、深い谷を作った時代=2.9万年~2万年前
②今の小貝川~利根川低地の辺りを流れ、深い谷を作った時代=2万年~6000年前
③今の鬼怒川の流れとなって、砂泥で谷を埋めた時代=6,000年前~300年前
④鬼怒川が利根川とつなげられた時代=300年前~130年前
⑤利根川水系の一部として管理される時代=130年前~

このうち、①から③までは、地球の大きな力により地形が変わることで川の流路が変わった動きで、時代の物差しで言えば1万年単位の出来事で、前回述べた。

今回は④と⑤の比較的新しい時代の流路変更について。

鬼怒川に限らないが、近世から近代にかけての河川は、治水や利水として人が川を利用するために流れをたびたび替えてきた。これにより、舟運が発達し、物流は大量に、安全に運べるようになった。
いわば、ひととの関わりで流路が変更された社会史的な動きで、数100年、場合によって数10年単位の出来事となる。

鬼怒川の流れ(結城市側から関城(筑西市)を臨む

続きを読む

広告