暴れ川「鬼怒川」(2)-100年単位の変遷

鬼怒川の流路変更は、大きく分けて以下の5つがある。

①今の桜川の辺りを流れ、深い谷を作った時代=2.9万年~2万年前
②今の小貝川~利根川低地の辺りを流れ、深い谷を作った時代=2万年~6000年前
③今の鬼怒川の流れとなって、砂泥で谷を埋めた時代=6,000年前~300年前
④鬼怒川が利根川とつなげられた時代=300年前~130年前
⑤利根川水系の一部として管理される時代=130年前~

このうち、①から③までは、地球の大きな力により地形が変わることで川の流路が変わった動きで、時代の物差しで言えば1万年単位の出来事で、前回述べた。

今回は④と⑤の比較的新しい時代の流路変更について。

鬼怒川に限らないが、近世から近代にかけての河川は、治水や利水として人が川を利用するために流れをたびたび替えてきた。これにより、舟運が発達し、物流は大量に、安全に運べるようになった。
いわば、ひととの関わりで流路が変更された社会史的な動きで、数100年、場合によって数10年単位の出来事となる。

鬼怒川の流れ(結城市側から関城(筑西市)を臨む

続きを読む

暴れ川「鬼怒川」(1)-1万年単位の変遷

災害に遭遇すると、ひとは理不尽な思いにかられる。
「なぜ私だけが?」と。
災害は、それを招いた気象条件、その土地や村落・都市などの環境条件、発生した時間帯などさまざまな条件が重なる。だから、災害の予測は難しい。
とくに、地球温暖化による激しい気象現象は、短時間で災害が発生する傾向にある。

防災、減災といわれる。
災害から身を護るには、最後は身一つ、自らの判断を信じるしかないと思う。
そのために、身の回りにどんな危険、リスクがあるかを知る必要がある。
そして、そのリスクを一人だけのものとしないで、地域で共有すれば、いざという時のリスク回避につながる。ただ言うはやすく、行うは難しではあるが。

2015年9月10日(木)に、鬼怒川の下流、常総市で左岸の堤防が決壊した。
1週間以上が経ったいまも、洪水域が残り、被災した方たちは避難所で過ごし、まだまだ災害のまっただ中におられる。
こうした中で、いささか慎みに欠けるかもしれないが、防災の観点から鬼怒川の川の歴史についてまとめてみた。

鬼怒川三坂決壊場所(googleクライスレスポンスより)http://goo.gl/1bA9co

鬼怒川三坂決壊場所(googleクライスレスポンスより)

続きを読む