花野をそぞろ歩き

俳句をやり始めた頃、すっと体に入ってきた季語が「花野」だった。
どこか優雅な響きがあって、でも、絵空事ではない、実体を持ったことばとして。
それは、関東平野に来て、広大な花野の風景を見たからだ。

まず茨城県に来て、川の大きさに驚いた。
桜川や小貝川、鬼怒川、そして坂東太郎と呼ばれた利根川などの芒が生えた川原を歩いて、宮沢賢治の「風の又三郎」の世界が眼前に広がった。

どっどど どどうど どどうど どどう
青いくるみも吹きとばせ
すっぱいかりんも吹きとばせ
どっどど どどうど どどうど どどう

宮沢賢治『風の又三郎』より

このフレーズ、花野ということばは出てこないけど花野がいい。

私の育った静岡県西部には日本三大急流の天竜川があるが、又三郎が降りてくるような花野は広がっていなかった。

桜川のススキ原

桜川のススキ原

花野のイメージ

お盆を過ぎると日が短くなり、いやおうなく黄昏(たそ・かれ)を意識する。
でも暑さは残っていて、なかなか秋が実感できない。
稲刈りが終わり、秋が深まってゆくとススキ(芒)が一面に花を咲かせる。

ススキの花といってもピンとこないかもしれない。
イネ科なので、イネ(稲)の花と同じく先っぽに小さな蘂(しべ)を垂らす。それが房になるので、花を咲かせたススキ原は見事。
花の咲いた芒原が秋の斜めの光に輝く様は、なんとも言えない。

輝きは芒のなかにゐる私

あまりうぬぼれないけど、芒の光る中にいると、小さな自分などどうでも良くなる。自分がこの世の中で一番なんだとうぬぼれた時の私の拙句。

続きを読む