花野をそぞろ歩き

俳句をやり始めた頃、すっと体に入ってきた季語が「花野」だった。
どこか優雅な響きがあって、でも、絵空事ではない、実体を持ったことばとして。
それは、関東平野に来て、広大な花野の風景を見たからだ。

まず茨城県に来て、川の大きさに驚いた。
桜川や小貝川、鬼怒川、そして坂東太郎と呼ばれた利根川などの芒が生えた川原を歩いて、宮沢賢治の「風の又三郎」の世界が眼前に広がった。

どっどど どどうど どどうど どどう
青いくるみも吹きとばせ
すっぱいかりんも吹きとばせ
どっどど どどうど どどうど どどう

宮沢賢治『風の又三郎』より

このフレーズ、花野ということばは出てこないけど花野がいい。

私の育った静岡県西部には日本三大急流の天竜川があるが、又三郎が降りてくるような花野は広がっていなかった。

桜川のススキ原

桜川のススキ原

花野のイメージ

お盆を過ぎると日が短くなり、いやおうなく黄昏(たそ・かれ)を意識する。
でも暑さは残っていて、なかなか秋が実感できない。
稲刈りが終わり、秋が深まってゆくとススキ(芒)が一面に花を咲かせる。

ススキの花といってもピンとこないかもしれない。
イネ科なので、イネ(稲)の花と同じく先っぽに小さな蘂(しべ)を垂らす。それが房になるので、花を咲かせたススキ原は見事。
花の咲いた芒原が秋の斜めの光に輝く様は、なんとも言えない。

輝きは芒のなかにゐる私

あまりうぬぼれないけど、芒の光る中にいると、小さな自分などどうでも良くなる。自分がこの世の中で一番なんだとうぬぼれた時の私の拙句。

続きを読む

広告

ネムノキの花

チャリで、ペデストリアンを走っていた。

ペデストリアンは、歩行者と自転車のための専用道路で、筑波研究学園都市を特徴づけるひとつだ。
自動車と分離して安全に行き来できるよう、やや高いところに作られている。
だから、筑波研究学園都市の初期の頃の建物は、2階に入口があったりする。
そして、台地上の平地林を切り開いた都市の真ん中を背骨のように貫いているペデの両脇に、都市建設以前の雑木林がひっそりと残る。

ネムノキの花は梅雨を楽しませてくれる

ネムノキの花は梅雨を楽しませてくれる

梅雨の中休みで快晴。爽やかにペダルをこいでいると、ぼぉっと薄く掃いたようなピンクが目にとまった。

明るい日差しと対照的に、こじんまりとした闇に、あえかに灯るような印象。
ネムノキに花が数輪咲き始めていた。

チャリを歩道の脇に止めて、近づいた。

長いまつげのような花をつんと上に向け、感じることができないほどの風に揺れている。
花はまだ一輪、二輪で、よく見ると枝先につぼみが結構な数ある。

ネムノキは、まめ科。同じまめ科のフジなどと同じく、細長い楕円の小さな葉が歯ブラシのように規則的に並んでいる。
植物学的に言えば「羽状複葉」の「互生」。

IMG_1367

ネムノキのネムは「眠る」からという。江戸の俳諧では「ねぶ」とも。
夕方に葉が少し閉じ、眠ったようになるからという説もある。

漢字で書けば「合歓」。
梅雨に入ると間もなく、雑木林の縁に枝を広げ、花を咲かす。
同じ頃に咲くクリが、甘く強い香りを漂わせるのに比べ、ネムノキは小さな扇子のようなピンクの花が印象に残る。
クリの香り対してネムノキの彩り。
なんとなく、か弱いイメージの花は「ねむ」という響きにふさわしい。
ただ、花をよく見ると、つんつんした感じで、優しさから遠くなる。
ぼぉと少し離れたところで、木全体を眺めた方が風情がでる。
花どうしがささやき合っているかのようだ。
だから、合歓なのだと、意識したときに浮かんだのが次の句だった。

合歓の花大樹とあれば響き合ふ

ざぁーと通り雨があった。すぐに止む気配で、急ぎ足で通り過ぎるひともちらほら。
そんなペデのかたわらに一本のネムノキ、それは傘を広げているようだった。

一本の傘開くごと合歓の花

梅雨を楽しませてくれる木だ。

俳句・文=野末たく二

桜川畔のネムノキの花

桜川畔のネムノキの花